読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pythonでプロットするときpylabは非推奨

まあ言いたいことはタイトルで尽きてるんだけど。

発端はMatplotlibとpyplot, pylabがどういう関係にあるのか気になって調べたこと。
よくあるpythonでのプロットの例ではpylabがインポートされてるが、
pylabはmatplotlibのラッパに過ぎないみたいなので、使うのが難しくないならmatplotlib.pyplotを
直接叩こうかと思って。

1.4.1.2. pylab
pylab は matplotlib のオブジェクト指向ライブラリに対する手続き的インターフェースを提供します。このモデルは Matlab™ をお手本にしています。

http://turbare.net/transl/scipy-lecture-notes/intro/matplotlib/matplotlib.html


で、ググったところ、matplotlib.orgのFAQにドンピシャのことが書いてあった。

Matplotlib, pyplot and pylab: how are they related?
Matplotlib is the whole package; matplotlib.pyplot is a module in matplotlib; and pylab is a module that gets installed alongside matplotlib.

Pyplot provides the state-machine interface to the underlying object-oriented plotting library. The state-machine implicitly and automatically creates figures and axes to achieve the desired plot.

(中略)

pylab is a convenience module that bulk imports matplotlib.pyplot (for plotting) and numpy (for mathematics and working with arrays) in a single name space. Although many examples use pylab, it is no longer recommended.

For non-interactive plotting it is suggested to use pyplot to create the figures and then the OO interface for plotting.

http://matplotlib.org/faq/usage_faq.html


まあ超訳すれば、プロットを静的に扱う限りはpyplotで十分で、あえてpylabを使う必要はないということらしい。